YouTubeで稼ぐには◯◯◯だけは無視するな!初心者が犯す落とし穴とは?

melissamahon / Pixabay

ブログに興味をお持ち頂きありがとうございます。今回は、

❏ アドセンスの仕組み

についてお伝えいたします。

このブログによって

・YouTubeアドセンスの全体像

を把握して頂くことが出来ます。

 



 

あなたがYouTubeで稼ぐお金はどこから来ているのか?

 

まず、YouTubeで稼ぐあなたにとって知らなければならない事は、
「YouTubeアドセンスを管理しているのは、
YouTubeの親会社であるGoogleである」ということです。

YouTubeが広告を管理しているのではなく、
Googleが管理している広告をYouTubeの動画に掲載して
配信しているという事が正しい理解ですね。

広告で収益を上げるために必要な設定に関する動画です。ぜひご覧ください。


動画上に掲載された広告を視聴者がクリックする、
あるいは一定の時間見ることにより
YouTubeアドセンスとして
動画投稿者であるあなたに
報酬が発生することになります。

この報酬も当然、
広告のシステムを管理している
Googleから支払われ、
広告を掲載した広告主もGoogleにお金を払っているのです。

 

ここからは、
YouTubeアドセンスが発生して
支払われるまでの流れを具体的に説明していきます。

 

まず何よりも先に広告がなければ
YouTubeアドセンスのシステムは成り立ちません。

YouTubeアドセンスのシステムは、
広告主(=多くは一般企業)がGoogleに広告の掲載依頼をし、
それをGoogleが管理し、YouTubeに投稿されている動画に
掲載して配信される流れになっています。

YouTubeの動画に掲載される広告は
視聴者の属性などを元に掲載されます。

ですので、YouTubeアドセンスで稼ぐ動画投稿者は、
作成した動画にどのような広告が掲載されているかは
わかりません

 

個々の視聴者さんの過去の視聴内容や他の閲覧履歴等から
興味があると想定される内容を中心に
Googleの広告管理システムから
YouTubeの動画に広告がシステマティックに
掲載されていくのです。

広告が掲載された動画を観た視聴者が
広告をクリックしたり、長く広告を観たりすると、
その実績がカウントされ、Googleアドセンスで管理されます。

 

Googleは、すべてのYouTubeでの広告を
管理して、結果として広告掲載主に広告料と請求し、

その広告料の一部を広告のクリック回数を元に
YouTube動画投稿者である
あなたにYouTubeアドセンス料として支払うのです。

これがYouTubeアドセンスの一連の流れです。

 

一般の企業は自社製品を消費者へ
広くアピールしたいと考えており、

GoogleはYouTubeと言う動画媒体を使って、
広告主が希望する広告を掲載し、
その広告を代行する(=広告代理業)として
広告主から広告料を得ているのです。

 

そして、YouTubeで稼ぎたいあなたは
Googleを介して、広告主の広告媒体を
YouTube動画として提供しているのです。

 

ここで、注意していただきたいのは、
企業が広告を出さなければ
このシステムは成り立たないということです。

すべての資金の出処は広告主です。

 

YouTubeの人気動画を作るため、広告主との関係は?

 

このように考えると、
動画の収益化が外さる
動画が消される
アカウント停止になる
という事を
YouTubeが行う理由は、

対象動画が広告主にとって
広告を掲載したくない動画であるから、という
可能性が高いわけです。

 

この大前提を理解していると
自ずとどのような動画を作ると削除リスクがあるかは
わかってきます。

広告主が掲載を嫌がる広告媒体とは何でしょうか?

 

例えば・・・
・過激な暴力
・エロ系
・宗教&思想
・政治系
等です。

削除リスクに関する動画です。ぜひご覧ください。


このような視点を持たずに
YouTubeアドセンスで
稼いでいくことは難しいのです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

2banner_lp

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る