YouTubeで稼ぐ動画の5つのタイプ

geralt / Pixabay

こんにちは、エンドウです。

本ブログでは、

YouTubeで稼ぐ動画の5つのタイプ

についてお伝えします。

 

このブログをお読みいただくことで、
・YouTubeで稼ぐ動画の5つタイプ
ついて詳しくご理解いただけます。

 



 

YouTubeで稼ぐにはどんな動画を投稿すれば良いのか?

 

YouTubeで稼ぐために
投稿していく動画には
幾つかのカテゴリがあります。

 

その切り口は、
ジャンル、作者、オリジナル性など
色々と視点によって別れますが、

今回は動画のタイプという切り口で、
大きな5つのタイプとして述べていきたいと思います。

別の切り口で考えた動画のタイプについての動画です。ぜひご覧ください。


まず1つ目は、

いわゆる“YouTuber”の作成する動画

ですね。
YouTuberの作成する動画とは、
実写の動画で
面白い企画や商品を実際に使用したレビュー
などを行うものが人気です。

 

当然撮影機材や音声機材、照明などが必要になります。

 

言うなれば小さなテレビ局のようなものですね。

 

そういう機材を使うにはお金もかかりますし、
顔出し声出しは前提として
体を張った演技が必要とされます。

 

 

2つ目は、

TVなどからのキャプチャー動画

です。

 

テレビや他の動画サイトなどのメディアから
コピーしてきた動画を示します。

 

基本的にこれは著作権に抵触する可能性があります。

 

ただし著作権は親告罪ですので、
著作権者本人がその動画に対して
親告しなければ著作権侵害とはなりません。
そのため、著作権者が
何も言ってこないことを良いことに
このタイプの動画は
現在YouTubeの中に溢れています。

 

テレビ番組を録画し、その映像を切り取って
コピーし、投稿して
再生回数や収益を稼ぐ方も
たくさんいらっしゃいますが、
あるタイミングでテレビ局や著作権保有者が
著作権を主張し始めると
一気に収益が外されたり
動画削除されたり、
チャンネルごと削除されたりが
必ず起こります

 

 

このタイプの動画は
顔出しや声出しなしで
簡単に作成し投稿できる
さらに言えば、人気も出るという状況から、

手を出し易いという事は理解できるのですが、
YouTubeで長期的に安定して稼ぐという意味では
収益がいきなりなくなる等の
高いリスクを内在しているため、
ビジネスとしてお勧めできません

 

3つめが、

スマホや家庭用ビデオで撮影した動画

です。

スマホなどがあれば
いつでもどこでも動画として撮影できる事が
利点ですが、
このタイプの動画のデメリットは、
そのネタが、多くの方にとって
本当に面白くないと
個人レベルの趣味の動画に
なってしまうという点です。

 

先に挙げた
“YouTuber”の作成する動画
TVなどからのキャプチャー動画
の2つのタイプの動画は、
お客さんに観てもらう事を
前提とした動画作りになっています。

 

しかし、この
スマホや家庭用ビデオで撮影した動画
では、たまたま撮れた動画が
面白いというスタンスの動画になってしまいます。

 

このような動画で、
収益が上がり
YouTubeビジネスとして
稼ぐことができるのは
偶発的な事故など
その場に居合わせていた偶然が
希少価値となって、
多くの視聴者さんに視聴してもらえるのです。

 

しかし、それを狙って動画を撮影しながら
歩き回ることは中々出来ませんし、
スポーツのシーンにしても、
毎回競技場へ行くわけにも行きません。

 

ご自身で撮影する動画というは、
よほど動画撮影のコンセプトが
しっかりしていないと
YouTubeで稼ぐことは難しいと感じます。

 

逆に言えば、YouTubeに合うような
コンテンツが作れれば問題ないとも言えます。

 

例えば、
人気のピアノ演奏ですが、
ピアノの演奏などが得意な方は
撮影のアングルを工夫することによって
顔が見えないようにすることは可能です。
※演奏する曲は、著作権等をJASRAC等で確認して下さいね。

 

 

4つ目が

ゲーム実況動画

です。

 

耳慣れない方もいらっしゃるでしょうが、
要するにゲームをしながら解説や
反応を喋るというタイプの動画で、

ゲームをプレイする映像を
キャプチャし、音声をのせるという
国内海外ともに多い動画です。

 

ただし、ゲームソフトは
当然ゲーム会社や作者に
著作権がありますから
使用許諾のないゲームを
YouTubeに投稿してしまうと
すぐに権利の侵害となり、
ゲーム会社からの申し立てで
収益を外される等のことも
頻繁に起こっています。

 

収益をゲーム会社と分け合って
実況できるソフトも増加してきているという状況に
なっていますので、
全てを違反とは言いませんが、
まだまだ少ないという状況です。

 

調べ方は、ゲームメーカーのホームページで
ゲームタイトルとYouTubeというキーワードで
検索した結果でわかります

 

ゲームが上手だったりトークが面白かったり等
いずれにせよ、
視聴者さんの要望を満足できるレベルにないと
再生回数や収益を稼ぐことはできません。

 

また、場合によっては声出しなどが必要になります。

 

最後に、5つ目が

スライド動画

です。

 

画像を連続させ
ストーリーを付けるタイプの動画です。

 

といっても範囲は広く、
ストーリーを音楽と共に
読んでもらうなら、画像はほぼ必要なく
音楽やストーリのほうが重要ですし、
画像で笑わせるものなどは
文字より画像の演出が必要です。

 

これまで紹介してきたタイプの動画は
顔出しや声出しが
必要な場合が多いのに比べ、
スライド動画では
顔出し・声出しは全く必要ありません

 

キャプションでスクロールさせるだけです。

 

また、高い機材の購入も必要ありませんし、
無料のソフトだけでYouTubeで稼ぐことが出来る点も
メリットだと思います。

 

以上、5つの動画のタイプを説明させて頂きました。

 

あなたが興味があるタイプの動画を
投稿していくのが一番ですが、
TVなどからのキャプチャー動画は
お勧めしません。

削除リスクの低減のための他の方法についての動画です。ぜひご覧ください。


私は個人的に
YouTubeで稼ぐノウハウとして
スライド動画をお教えしています。

 

わずかではございますが、以上、
参考にしていただけますと幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

2banner_lp

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る