YouTubeを会社の副業でするには?

StartupStockPhotos / Pixabay

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、

YouTubeを会社の副業でするには?

についてお伝えします。

 

この記事をお読みいただくことで、
・副業が会社に発覚する原因と対策
についてご理解いただけます。

 



 

YouTubeで副業!会社は許可するのか?

 

サラリーマンの副業として
YouTubeで稼ぎたいと思った時に、
会社が副業を許可しているか
していないかという問題が出てきます。

 

なぜ副業してはいけないかというと、
会社の就業規則に
その内容が記載されているからです。

 

まずYouTubeを副業にして、
YouTubeで稼ぎたい時
あなたがすることは、
会社の就業規則を確認することです。

 

就業規則というのは
あなたの会社の規則をまとめたものですので、
会社固有のものです。

 

ですので、
一般的な就業規則はありますが、
会社個別に設定された中に
副業禁止という項目が存在するという位置づけです。

 

なので、
法律的に副業、
というよりサラリーマン以外に収入を得ることを
禁止しているということではありません

 

YouTubeで会社の副業を
してはいけないということは
全く規制されていません。

 

法律ではサラリーマン以外の職業を自由に持ってもいいし、
いくつ職業を持っても全然問題ないわけです。

副業にする場合の投入時間に関する動画です。ぜひご覧ください。


ただ副業禁止と定められている会社の場合は、
会社とあなたが雇用契約する上で
YouTubeを含めた副業禁止という約束を
あなたが認めていることになるわけです。

 

そもそもサラリーマンになったら
副業をしてはいけないという
ルールがある訳ではないということは
ご理解ください。

 

もしも副業が禁止となっていたとしても、
それは会社とあなたの間のルールですので
YouTubeで副業をしていた場合、
当事者間での話し合いになります。

 

基本的に法的なジャッチを行う
裁判になったときには
以下の3つの問題をクリアできていれば
あなたがYouTubeで副業して
会社から法的な処罰されるされることは
ないと言われています

 

1つ目は、

業務に支障をきたすほど副業に力を入れていない

こと

2つ目は、

会社と競合するような副業をしていない

こと

これは、
YouTubeでの副業で
会社の情報を漏らしてしまったり、
お得意さんを取ってしまったりなどですね。

3つ目は

雇用されている会社の信用を
失墜させるようなことをしない

ことです。

もしこれを1つでも守れていないなら、

副業禁止と銘打ってある就業規則に
あなたが従っていなかったということで
処罰される可能性が高いですます。

 

ただし、処罰がなくても
YouTubeで副業をしていたら
会社の出世に影響ということがありますので、

副業がバレて
目に見えないところで影響しているかどうかは
会社によってまちまちですから、
一概には言えません。

 

YouTube副業が会社に発覚する理由は?

 

ではYouTubeなどで副業をしていることが
どうして会社にバレてしまうのかというと、
住民税により発覚するのです。

 

住民税は、
サラリーマンであれば
あなたの会社が
あなたの住民税を
払うことに大抵の場合は
なっています

 

では、あなたの会社が払う
住民税でなぜあなたの
YouTubeの副業で稼いでいる事が
分かるのでしょうか?

 

それは、確定申告による
住民税の増量分が原因です。

 

YouTubeで会社以外で副業をして
20万円以上の所得がある場合、
確定申告をしないと
脱税行為に値します

 

ですので、
あなたがYouTubeの副業で
20万以上稼いだ場合、
確定申告をしなければならなくなります。

 

確定申告自体は、
あなたの会社に知れる事はありませんが、
あなたがYouTubeの副業で稼いだ分の
確定申告により、
あなたの住民税が増加するのです。

 

あなたが、住民税の支払い方法を
これまで通り、会社からの支払にしたままだと
会社からの住民税として徴収される住民税は
会社の給料に
あなたのYouTubeでの副業の収入が
足された金額をベースとしてかかってくるわけです。

 

あなたが今まで500万円給与をもらっているとすれば
あなたと同額の給与の方は
あなたと同じような額の
住民税を払っているわけですが、

その中であなただけ
YouTubeの副業で
100万円稼ぐと、
それを足した600万円に対する
住民税が会社から徴収されるのです。

 

簡単に理解して頂くように
簡単な数字とさせて頂きますが、
500万円の住民税が20万円
YouTubeの副業で100万円稼いだら
600万円(=500+100)の住民税が30万円だったら、
会社に請求される住民税は30万円となり、

給与の額や住民税の額は
経理の方が何度も見ていますから
明らかな変化に気づいてしまうのです。

 

そこで「何かやってるんじゃないか」
「+の所得があるんじゃないか」ということで
あなたの副業、すなわちYouTubeで稼いだことが
会社にバレてしまうというわけです。

 

YouTubeでの副業は会社に知られてしまうのか?

 

これを未然に防ぐ方法はあるのか?

答えは・・・、

あります。

 

その方法は、
確定申告はしっかり行って、
YouTubeの副業で稼いだ分の
住民税を会社ではなく
別口で払う方法に切り替える事です。

 

確定申告の中に記入欄があり、
そこに
会社から住民税を払わないで個人で払います
と記入できるようになっています。

 

そこにちゃんとチェックをして
確定申告をすれば、
YouTubeの副業で稼いだ分の住民税は
あなたが払うことができ、
会社の方には給与分の500万円の住民税のみが
請求、徴収されるので、
会社に怪しまれることはありません

 

ただし、税務署の方が
あなたがちゃんと申告したとしても
チェックし忘れて
合算した住民税を
会社に出してしまい、
発覚してしまうこともあります。

 

そういった可能性をなくすために、
私は、YouTubeで稼いだ分を
自分で納付すること(普通徴収)が
きちんと手続きが進んでいるかを
税務署に確認する必要するべきでしょう。

 

尚、
YouTubeはアルバイト以外のカテゴリに入りますが、

アルバイトで得た所得の場合は、
YouTubeの副業で稼いだ金額とは
違う扱いになります。

 

アルバイトの会社から
会社へ直接請求が
行かざるを得ないので、
YouTubeで副業するよりも
アルバイトをするほうが
会社に発覚する危険性は
大きいのです大変危険です。

 

アルバイトの給与所得だけ
自分で納めることができるかどうかに関しては、
市区町村により、
できる自治体と出来ない自治体があるそうですので、

できるのであればバレませんが、
できない場合は
会社から住民税が徴収されることになりますので、
発覚する可能性が大きいです。

 

こういう点から見れば、
YouTubeで副業をするほうが
会社への柔軟な対応が
可能であることがわかりますね。

その他YouTubeをお勧めする理由についての動画です。ぜひご覧ください。


 

最後までお読み頂きありがとうございました。

2banner_lp

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る