YouTubeの年齢制限(閲覧制限)動画の投稿者側での設定方法

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
YouTube動画の年齢制限(閲覧制限)
についてお伝えします。

 

この記事をお読みいただくことで、
・YouTubeでの年齢制限(閲覧制限)のかけ方と注意点
についてご理解いただけます。

 



 

YouTube動画を未成年に観せない年齢制限(閲覧制限)とは?

 

YouTubeは年齢制限(閲覧制限)なく
どんな人でも動画を観られる
多くの人に受入れられているメディアです。

 

その中には当然未成年の方もいます。

 

特に小さなお子様をお持ちのご両親の方は、
YouTubeでは検索すれば
どんな動画でも出て来ますので、
年齢制限(閲覧制限)等の関係から
見せたくない動画もあるということを
お困りになっているかもしれません。

 

勿論、お子さんには
YouTubeで変な動画を観ないようになど
言われているとは思いますが・・・

 

スマホを渡されたお子さんが
勝手にYouTubeなどを見ている時には、
やはり年齢制限(閲覧制限)を超えた
変な動画を
観てしまっていないかどうかは
気になるはずです。

 

 

YouTube側も当然対処していて、
制限付きモード
という設定をセットする事で
年齢制限(閲覧制限)に関連する動画を
非表示にする事が可能です。

 

設定方法は、簡単で
YouTubeで動画を観る時に
視聴している画面の
右上のメニューにある
その「全般」タブから
「設定」の方に入って頂き、
その中で「制限付きモード」に
チェックを入れれば、
設定が完了し、
年齢制限(閲覧制限)に関連する動画は
表示されなくなります。

 

あるいは、YouTubeのトップページの
最下部に制限付きモードの
オン/オフをするメニューがありますので
そちらでも同様の設定が可能です。

 

関連記事
⇒ YouTubeで“いいね”を増やす方法は?


制限付きモードに設定されていると、
YouTube側から
年齢制限(閲覧制限)のかかった動画や
これまでのデータに基づき、
子供に視聴させるには
不適切な動画の
タグやキーワードから
これらの合致する動画を
表示させないコントロール
行っています。

 

ですので、
そのたった1ステップの設定で
YouTubeであなたとあなたのお子さんは
年齢制限(閲覧制限)動画や
不適切な動画を観ない可能性が
格段にあがります。

 

以上は、視聴者さん側からの対応ですが、

 

動画投稿者がYouTubeでの年齢制限(閲覧制限)を設定方法

 

私達YouTubeで稼ぐ投稿側、
作成者側からでも
実は年齢制限(閲覧制限)はかけられます

基本的な動画投稿方法についての動画です。ぜひご覧ください。

ただ年齢制限(閲覧制限)と言っても、
現在YouTubeで設定できる範囲は、2つに1つで、
未成年か、成人かのどちらかになります。

 

制限の仕方は、
年齢制限(閲覧制限)という
項目のチェックとなっています。

 

これはYouTubeへ動画を投稿する時の
詳細設定画面にあります。

あなたが動画投稿の際に
YouTubeでの編集画面を
使っていらっしゃると思いますが、
その編集画面の
「基本情報」「収益受取」などのタブの中に
「詳細設定」というタブがあります。

 

「詳細設定」タブの
下の方に年齢制限(閲覧制限)
という項目があります。

 

そのチェックボックスにチェックを入れると、
YouTubeを楽しんでいる
未成年者にはその動画は
観られないようになります

 

 

年齢制限(閲覧制限)の詳しいロジックとしては、
別にYouTube側が
視聴者さんの年齢を把握している
わけではありません

 

YouTubeで対象の動画を
視聴する時に注意が出てきて、
「生年月日を入れて下さい」との
コメントが表示され
そこに生年月日を入れた時に
18歳未満であれば
この動画は観られないという
ブロックがかかることになります。

 

YouTubeで稼ぐ私達としては
年齢制限(閲覧制限)設定を
行う意味としては、

 

1. 不適切な動画を未成年者に観せない

2. 未成年以下の方に観せて
悪い評価をもらうのを防ぐ

 

この2つです。

 

まず、
1. 不適切な動画を未成年者に観せない
に関しては、

 

年齢制限(閲覧制限)を
超えた成人だけに向けた
YouTubeの動画コンテンツを
作られておられる方は
しっかり対応されたほうが良いでしょう。

 

動画の投稿の際のデフォルト設定



 

2. 未成年以下の方に観せて
悪い評価をもらうのを防ぐ

 

に関して言えば、

 

もしお子さんが
YouTubeで不適切な動画を観ているのを
ご両親の方が見つけて、
Bad評価をつけられるのは
作成側からしても本意では無いわけですね。

 

そういう懸念がされるような動画の場合は
年齢制限(閲覧制限)をつけたほうが良いと考えます。

 

 

ただし、この年齢制限(閲覧制限)は諸刃の剣でもあり、
視聴回数が減る可能性もあります。

 

とは言え、
タイトルやサムネイルを適切につけていれば
YouTubeで観たくない動画を
わざわざ観ようという方は
少ないはずですので、
年齢制限(閲覧制限)をしなくても
未成年でその動画を観る方は少ないと思います。

 

ですので、
釣りタイトル

釣りサムネ
と言われる
動画の内容とマッチしない
タイトルやサムネを設定すること

 

は、しないように配慮するなど、
視聴者さんに
間違って観られる可能性を
増やすような行いをしない限りは
年齢制限(閲覧制限)を
付ける必要はないというふうに
私は考えています。

 

この年齢制限(閲覧制限)設定に関しては、
YouTubeでは1つ1つではなく
一括処理も出来ますので、

動画が30個あって
その内10個に
年齢制限(閲覧制限)を
設定することもできます。

 

YouTubeの動画管理画面には
一括編集機能揃っていますので、
あなたの動画を適切な人に
届けるという意味でも、

あなたの動画が
間違って観ると不快になるような方に
届けない、

すなわちBad評価をつけられるような方に
露出しないと言う意味でも
この年齢制限(閲覧制限)を
使われてはいかがでしょうか

 

わずかではございますが、以上、
参考にしていただけますと幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

2banner_lp

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

”無料プレゼント”YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る