4人家族で年間に必要なお金はどのくらい?

stevepb / Pixabay

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
□ 4人家族で年間に必要なお金
についてお伝えします。

 

この記事をお読みいただくことで、
4人世帯の年間支出と、
それぞれの分野にどのくらいのお金がかかるのか
についてをご理解いただけます。

 



 

4人家族で年間に必要なお金はどのくらい?

 

あなたの家庭の事情によって
生活費はまちまちですが、

「自分の家はこれで大丈夫なのか?」
「将来的にこうする予定だけど大丈夫なのか?」

という悩みは、あなたを含め
誰もがお持ちのことと思います。

 

そんなあなたに
4人家族で年間に必要なお金はどのくらい?
を簡単に試算して、
ご説明をさせて頂ければと思います。

 

当然、あなたご自身に数字等は変更して
当てはめてみて下さいね。

 

まず、自分ひとりなら分かりやすかった生活費の計算も、
家族が2人3人と増えていくうちに段々
どこにどのくらい費用がかかるか
分からなくなってきますよね。

 

『なんでこんなに足りないの?』
『どうして、こんなにお金がかかるの?』

なんて、呆然とされた事が多いのでは無いでしょうか?

 

私は、最近で、このように一番感じたのは、
住民税の支払いのときでした。

 

特に複数のお子さんをお持ちの
あるいはその予定である家族は、
実際どのくらい1年間にお金が必要なのか?
どういう風にやりくりしていくのか?

などをきちんと整理して把握する基本的な考え方を
持っておかないと突然のお金の不足等を招くことになりますよ。
YouTubeと他の副業を動画で比較しています。是非御覧ください。


 

そして、
昨今は経済状況も活発ではなく、
昔ほど気楽な気持ちで
生活できなくなってきているのも事実です。

 

では、モデルプラントして、
2人の子供を育てるには
どのくらいのお金が必要なのかを
試算してみたいと思います。

 

 

4人家族が1ヶ月に必要な生活費は、

平均で34万円
ほどと言われています。
単純計算すると、1年間で408万円ですね。

 

4人家族でお金はどんな所に使われるの?

 

これは、

4人家族と言っても
お子さんの年齢で大きく変わります。

総務省の調査によれば、

4人世帯の1ヶ月の支出平均は、

・子供が幼稚園くらいまでの家庭では
平均191,831円、年間で230万円

・高校生くらいの子供のいる家庭は
平均252,320円、年間で303万円程度

とかなりの差が発生しています。

 

当然ですよね。
お子さんが高校にもなれば
教育費や食費は段違いに増加するからです。

 

ここで、
生活費について、もう少し分析してみましょう。

大きな額の順に並べると以下のようになるのでは・・・

・家賃(住宅ローン含む)
・教育費
・食費
・医療費

・水光熱費

それぞれを細かく見ていきましょう。

 

4人家族でお金は住宅ローンと教育費へ

 

・家賃(住宅ローン含む)

家賃や住宅ローンは
最も家族によって差が出る部分です。

実家住まいであったり
既に持ち家である場合は
修繕費と固定資産税等しかかからないですよね。

 

しかし、
賃貸であれば数万~十数万円、
自宅を購入して、住宅ローンを支払うなら
10万円ほどかかる場合もあるでしょう。

多くの方が、住宅ローンの場合の
月々の返済額の目安は8~10万/月だそうです。

 

これを20~30年返済を続けるのですから
家計に大きなインパクトを与えますよね。

 

ある経済学者が試算したところ、
借家と持ち家(=住宅ローンを支払った後の売却)の
トータルの支払い総額は
ほとんど変わらないという結果もありました。

 

持ち家の夢もありますが、
苦しい住宅ローンを組んで
最終的に家を売却した場合、
それほど持ち家をする事が
有利でないなら、
住宅の考え方を見直す事を必要ですね。

 

・教育費

この他にもお小遣いや交際費、交通費などが必要になりますし、
お子さんが学校に行くようになればかなりの学費がかかります。

 

それも、公立か私立か、
大学と短大と専門学校どこに進学するか、
塾に行くのかなどでも
大きな違いがあります。

 

全てを公立でまかなうとすると
幼稚園から大学までの19年間で合計570万円
という試算結果もあります。

 

しかし、この金額には
塾やお稽古等の費用は入っていないとの事。

国立・公立の大学に入るには
それなりの学習も必要なはずで、
プラスαは必至です。

 

当然、私立に進めば、この金額では収まらないはずです。

 

尚、この教育費で一番かかるのは
当然、大学の教育費です。

 

およそ、教育費の1/2は大学でかかると
言われていますので

 

親としては、
『学費を出すのは、高校まで』
等の方針を立てて、

大学は、奨学金等でまかなったり
自分で稼ぐ方法を身につけさすのも
良いのでは無いでしょうか?

 

月収10万円をYouTube稼ぐ方法の動画です。是非ご覧ください


 

私がご提供している
YouTubeで稼ぐ有料級無料教材
******************
YouTubeで稼ぐ無料教材
「JOY~Jump On YouTube~」
http://50fukugyou.biz/joy

※ID/PWが不明の方は
⇒ http://ennb.xsrv.jp/url/358/can5ni5y
******************

 

4人家族でお金は食費と保険料等へ

 

次に
食費
です。

 

食費は当然外食が増えれば多くなります。
また、成長期の子供が2人の場合は多くなります。
よって家族によってかなり異なると言っても良いでしょう。

 

しっかり節約して切り詰めている場合は
4人家族でも4万円以下に
なる場合もありますし、
外食ばかりの場合は7万円程度になることもあります。

 

一般に食費は
収入の10%程度を目安にと
言われているようです。

 

 

続いて、保険料や医療費です。

 

保険料は保証が手厚くなればなるほど
お金がかかります。

 

また、プランや保険会社にもよりますので、
月の平均して20,000~30,000円ほどです。

 

持病をお持ちで通院をしている方が
家族にいれば、
もう少し多くなってくるでしょう。

 

 

最後に

水光熱費です。
水道代、電気代、ガス代を全て含んだ費用です。

水道代は高くても1ヶ月に5,000円程度でしょう。

 

光熱費については、プロパンガスと都市ガスの
いずれを使っているかによってかなり差が出てきます。

また、オール電化にしている場合は
ガス代はかかりませんから、
その分電気代が増えるという形です。

 

その誤差を考えても、水道光熱費全てを足して
およそ12,000円~17,000円程度です。
1年間で、最大20,4000円くらいになります。

 

 

最近は、通信費(=スマホ&インタネット代)も
大きな金額を占めるようになってきました。

 

通信費は家族4人のうち何人が
携帯電話やパソコンを持っていて、
どのくらいの有料チャンネル等を
契約しているか等で
変わってきます。

 

また、携帯電話かスマートフォンかでもかなり違いますので、
携帯電話代だけであれば金額は
少なくなる等もありますが、
高くともおよそ月に20,000円くらいでしょう。

 

さらに、
毎月入った分だけ出ていってしまっては
もしもの時や
老後のためのお金がなくなってしまいますから、
貯蓄に回すお金も必要です。

 

それらを合計すれば、
平均である年間408万円を超えることも
珍しくはないでしょう。

 

4人家族でかかるお金を補充する為には?

 

実際こんなにかかるとは思わなかったという
方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

YouTubeビジネスを説明した動画です。是非御覧ください。


 

さらに、昔のように長く働けば
給料が上がるというわけでもないのが
現状ですので、
共働きでなんとか稼ぐという家庭も増えています

 

あなたが望む4人家族の生活での
お金の面が少しでも具体性が見えて
ご家族で生活費について
考えたり話し合ったりしてみる
きっかけになれば・・・

 

わずかではございますが、以上、
参考にしていただけますと幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。



 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る