YouTubeの視聴回数を増やす方法

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
YouTubeの視聴回数を増やす方法
についてお伝えします。

 

この記事をお読み頂く事で、
YouTube視聴回数を増やすためにどのような点を考慮するか
についてをご理解頂けます。

 



 

YouTube視聴回数を増やす方法

 

YouTubeビジネスを進める上で、視聴回数を増やす事は
最重要ポイントと言えるでしょう。
YouTube動画の視聴回数を増やす方法はいくつかあります。

 

動画の視聴回数10万回を達成する方法はこちらをぜひご覧ください。



 

 

タイトル

関連動画や検索結果に表示されやすくするとともに、
視聴者さんの興味を引きクリックさせる事ができます。

 

参考記事⇒ YouTubeタイトルのコツ

 

タグ

タイトルと連動する事でYouTubeのシステムへのアピールをより強め、
関連動画などへの露出を高めます。

 

参考記事⇒ YouTube動画へのタグの設定方法と関連動画

 

動画説明欄

限られた数しか入れられないタイトルやタグに
収まらなかったキーワードを散りばめたり、
人気動画のタイトルやURLを記載する事で、狙った動画との関連性を
更に強めます。

 

参考記事⇒ YouTube動画へのタグの設定方法と関連動画

 

アノテーション&カード

他の動画へ誘導する事で、
チャンネル内の動画全体の視聴回数を伸ばします。
参考記事⇒ アノテーションを使った外部サイトへの設定方法

再生リスト

自動的に視聴させる事で、観せたい動画を観せたい順番で
視聴回数を増やす事ができます。
参考記事⇒ 同じ属性のYouTube動画のまとめた”再生リスト”の作成方法

セルフプロモーション

投稿者自らがSNS等で動画について発信する事で、
YouTube外にも露出させ視聴者さんを呼び込みます。

 

動画視聴回数を増やし月収10万円を達成する方法もぜひご覧ください。



 

 

YouTube視聴回数を増やす:最近の傾向

 

YouTubeの最近の傾向として、
動画の中身がより重要視されるようになってきていると
実感しています


どういう事かと言うと、
YouTubeのシステムがより進化して、
動画の評価や動画が何分まで観られたかを把握するのは勿論
動画の内容に関してもある程度把握できるようになってきた
言う意味です。

 

動画の内容や品質と言った要素が
今後は更に重要になってくるのではないかと
思われます。

 

YouTube側の考えとしては、
視聴者に受け入れられている動画は
YouTubeの一番の資金源である広告収入の広告主にも
喜ばれる動画
ですから、
そういう動画を多くの視聴者さんに
広めて行きたいと考えているでしょう。

 

今後はYouTubeのシステムが進化すればするほど
そういった傾向になるはずです。

 

品質の悪い動画は
視聴者さんにも長く観てもらえない上に
広告も見てもらえず、広告をクリックしてもらえないため
YouTube側としては、収益に貢献しない動画になってしまいます。

 

ですので、YouTubeが狙っていくのは
当然視聴者さんに最後まで観てもらったり、
良い評価を付けてもらえるような動画
多くの関連動画に露出して
多くの視聴者さんに観てもらう機会を増やすという
流れに向かっていくはずです。

 

YouTube側のこのような露出増加のプッシュがあれば
当然視聴回数は伸びる可能性も高いですよね。

 

という事で、最近の傾向として
動画の内容がより重要になってきました。

 

具体的な指標としては
Good評価の数・割合や
長時間の視聴という事ですね。

参考記事⇒ YouTube再生回数が増えない解決方法

YouTube視聴回数を増やすには:動画品質

 

では評価を高め、視聴時間を増やすには
どうすればよいのでしょう?

ここではスライド動画に限定して考えていきましょう。

 

音楽や絵画などは
同じものを何回見ても十分楽しめるのでしょうが、
スライド動画の視聴者さんは
少し違うと考えています。

 

それは、一言で言うと

・知らないものを知るために観ている

新しい情報収集わけですよね。

 

知らない事と言っても、教えてもらった時に
それが嬉しいものだったりそうでなかったりするはずですので、
反応としては
「これはいいな」
と思うか
「良くないな」
と思うかの2択です。

 

「いいな」と思われるような動画を提供した方が
Good評価も増えますし、視聴時間も長く観て頂けますよね。

 

ですから、視聴者さんに「いいな」と思ってもらえるような情報を
提供する事が一番の近道であると言えるでしょう。

 

そのためには、
この「いいな」と思ってもらえるような情報を
調べる事が必要です。

 

それには、リサーチで人気動画を調べればいいのです。

 

なぜなら、今人気の動画は
視聴者さんから受け入れられているという事だからです。

 

リサーチの具体的な方法はこちらの動画をぜひご覧下さい。



 

逆の思考から考えたとしても、
人気動画と言うのは
YouTubeが評価しているという事で、
YouTubeが評価してるという事は
視聴回数が多いあるいは
視聴時間が長い、
つまり動画の内容がいいという事ですよね。

 

しかし、
人気動画と同じ内容の情報を提供しても、

・知らないものを知るために観ている

を満足させることは出来ませんね。

 

参考元の動画を超える事はできませんから、
やはり付加価値を付ける必要があります。

 

何を付加するかというと、
視聴者さんが観て喜びそうな事ですよね。

リサーチした人気動画を観ることで
人気の情報は分かっているわけですから、
・不足している部分

・更に付け足すべき部分
を探して付加価値をつけて
視聴者さんの知りたい欲求を更に満足させることが
必要になります。

 

動画の内容、品質を上げるためには、
一番元となる動画の中に入っている情報の内容を

・知らないものを知るために観ている

視聴者さんの為に、更に良くしなくてはならないのです。

 

更に言えば、
付加する情報の内容以外にも
わかりやすさの点でも更なる改善が必要です。
YouTubeのスライド動画に限定すれば、
やはり画像と文字なのです。

 

視聴者さんが情報を画像と文字から取得しているという事は、
画像も良いものを選ばなければなりませんし、
伝える文章も分かりやすく整理して伝えなければなりません。

内容は良いのに段落のない本や、
句読点のない文章は
あなたも読みにくいと感じ、
それ以上は継続しないはずです。

 

ですので、
文章と画像を見やすくする事を心がけましょう。

 

加えて、動画だからいいだろうと思うのではなく、
動画だからこそちゃんとテキストにも気を配るべきで、

具体的には「ここからはこういう話をします」
「この話は何についてです」というような、
視聴者さんに理解を助ける部分
を付ける必要があります。

 

この「理解を助ける部分」を付ける事によって、
新しい情報を探しに来た視聴者さんは
いい情報に巡り会う事ができ、
更にプラスした情報を分かりやすく、
見やすく得る事ができるというわけです。

 

最後にちょっとしたポイントですが、
充実している」という感覚があると
視聴者さんの満足感が上がります。

 

しかし、
“充実”というのは
絶対的な指標があるわけではないので、
何かの割に充実しているという相対的な
感覚があるはずです。

 

例えば
・この情報に対してこんなにスライドを作ってくれている
・時間が短い割には情報が詰まっていた
等です。

 

充実度、提供情報の密度のようなものを
上げていくと動画の品質が上がり、
新しい情報を求める視聴者さんの満足感を
得る事ができるとともに、
長く観て頂いたり、
Good評価を頂いたりする可能性も高まります。

 

すなわち、
それがYouTubeの評価にも繋がり
露出が増えて、
その結果視聴回数が増えていく、という
正のスパイラルになるのではないかと思っています。
参考記事⇒ YouTube収入は再生回数を増やす事の真の意味とは?

YouTube視聴回数を増やす方法のまとめ

 

これまでの話を簡単にまとめますと、

・YouTubeの視聴回数を増やす方法はいくつかある
・しかし今後は動画の中身が重要視されていく
・動画の品質を上げる必要がある
・人気の情報に付加価値を付ける事が重要
・画像と文字を見やすくするように心がける
・視聴者さんの充実度を高める動画作りが必要

という事です。

 

今後のYouTubeシステムの変化にも対応できるよう、
しっかり動画を作り込んでいきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。


参考記事⇒ YouTube動画再生回数の上げ方




↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓



 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る