YouTubeアドセンスとゆうちょ銀行の登録方法

 

本ブログでは、
YouTubeアドセンスとゆうちょ銀行の登録方法
についてお伝えします。

 

この記事をお読み頂く事で、
YouTubeアドセンスとゆうちょ銀行の紐付けをする方法
についてをご理解頂けます。

 



 

YouTubeで得た収益は、Googleアドセンスを利用して
口座に振り込んでもらわなくてはなりません。

そのためには、Googleアドセンスのアカウントと
同じ名義の銀行口座と紐付ける必要があるのですが、
他の銀行に比べて
ゆうちょ銀行に紐付けるのは少し難しくなります

 

今回はゆうちょ銀行に紐付ける方法をご説明いたします。

 

Googleアドセンスと口座の紐付けの流れ

 

おさらいとして、
Googleアドセンスアカウントと銀行口座の紐付け手順を
簡単にご説明しますと、

収益が1,000円を超えると口座を設定するようにという
メッセージが出るようになる

Googleアドセンスにログインし、支払い方法を追加する

銀行口座の情報を入力すると、テストとして
Googleから少額の入金がある

入金額を確認し、Googleアドセンスのページに
その金額をキーコードとして入力する

照合が確認できると、紐付けが完了

と言う流れです。

 

YouTubeアドセンスとゆうちょ銀行の登録方法

 

ゆうちょ銀行に紐付ける場合も、
基本の流れは同じです。

当然、ゆうちょ銀行の口座は開設しておきましょう。

 

Googleアドセンスで支払い方法を選択・追加するには、
メニューから「お支払い」→「お支払設定」の順で
クリックします。

新しいメニューデザインにしている場合は、
「設定」→「お支払い」の順です。

kouza

「銀行振込」を選択し、他の銀行と同じように
名義や種類、口座番号等の情報を入力していきましょう。

 

しかし、ゆうちょ銀行の口座を登録しようと思うと
用語が少しずつ異なっていたり、
カードでは店番や口座番号がわかりづらく、
ゆうちょ銀行のホームページ等で調べる必要が出てきますので、
少し面倒です。

 

ゆうちょ銀行の口座を入力する場合
どこを見ればよいのかについて、まとめました。

・銀行口座の名義人のお名前:半角カタカナで入力します。
スペースを入れる場合も半角で入力しないと、エラーが出ます。
・銀行口座の種類を選択:「普通」「貯蓄」など。通帳に記載されています。
・銀行コード:ゆうちょ銀行の場合「9900」です。
・支店コード:店番を入力します。通帳に記載されています。
・口座番号:通帳に記載されている口座番号を入力します。
ゆうちょのホームページで見ることもできます。

通帳等に記載されている「記号」「番号」は使用しませんので
注意しましょう。

 

「保存」を押し、「OK」を押すと、一旦設定は完了です。
まだこの時点では紐付けは完了していませんが、
ひとまず振込を待ちましょう。

メールでも銀行口座の確認について連絡が来ているはずです。

 

数日待って、口座を確認すると、
「グーグル」から少額の入金がされているはずですので
確認してください。

 

23円、61円などいくら入金されたかはランダムですが、記帳する等で覚えておき、
アドセンスの管理画面にてその金額を入力します。

 

口座が確認できれば、これで紐付けは完了です!

 

少し手間はかかりますが、YouTubeビジネスで得た収益が
振り込まれなくなってしまいますので、
しっかり設定を行っておきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓


 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収55万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収400万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

実績

【講師エンドウの実績】
YouTube:月収55万円以上達成
情報発信:月収400万円以上達成

【コンサル生の実績】
月収50万円以上達成者:2名
※アラフィフ率100%

月収30万円以上達成者:4名
※アラフィフ率100%

月収10万円以上達成者:10名
※アラフィフ率60%


詳細はこちら

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る