YouTube関連動画にグロ系

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
YouTubeの関連動画に掲載されるグロ系動画
についてお伝えします。

 

この記事をお読み頂く事で、
YouTubeにおけるグロ系動画とは
関連動画に載せる場合の注意点
ついてをご理解頂けます。

 



 

YouTubeの関連動画に出るグロ系動画とは

衝撃的で、観たら後悔するけど
なぜか観たくて辞められない

 

そんなジャンルの一つが“グロ系”です。

 

一方、観たくない人にとっては、
表示されると迷惑なだけなジャンルでもあります

 

こんな、“両刃の剣”的な動画ですが、
観たい方たちへの露出を
観たくない人たちへの露出制限を
どのようにしていくかに関してまとめてみました。

 

視聴者側から稼ぐ側への考えを動画でまとめました。是非ご覧ください。



 

YouTube動画の関連動画には、
しばしばグロ系の動画が表示される事があります。

 

グロ系の動画と一口に言っても
様々なものがありますが、
幾つかの種類にわけられます。

 

代表的なモノとして・・・

・身体的:人間の体で遺伝的要素で
先天的な障害がある、
あるいは暴力等の動画

・動物:生物の動画は何万動画もありますので、
そういうものも出てくるでしょう。

・汚染:ゴミや汚物などの動画

・事故:交通事故の現場等を写したもの

・弱肉強食:肉食動物が他の動物を食べるもの

これ以外にも、血が出たりするわけではありませんが
精神的に強い不快感を示しそうなものも
入る場合があります。

 

こういった動画はグロ系とされ、
嫌いな人はとことん嫌がりますが、
好む人もかなり多いジャンルです。

 

YouTubeの関連動画に出てくるグロ動画が好きな人

 

グロ動画を好む人の中には、
当然好きで観ている方もいますが、
あまり観たくないのに観てしまうという方もいます。

なぜグロ系の関連動画を人は
クリックしてしまうのでしょうか?

それには人間の深層心理が関わっているそうです。

 

人間には「なんでも自分で体験したい」という
潜在的な気持ちがあります。

しかし、現代は昔よりも
痛みを感じたり血を流したりという事を
「自分で体験する」機会が減りました。

 

テレビでは厳しく表現が規制され、
外へ出なくても知識は手に入りますし、
ケガをしそうな遊具や授業は撤去されていきます。

取っ組み合いの喧嘩や教師に殴られる生徒も
泥まみれになって遊ぶ事や
虫などに触れる機会もめっきり減ってしまいました。

 

そんな「体験したいけどできなかった事」が
動画の中にあるとしたら、
それを知りたいと思うのは
人間として当然とも言える事なのだそうです。

 

あなたはどう思われますか?

 

YouTubeの関連動画にグロ系が固まるわけ

 

とは言え、

 

あなたがYouTubeで稼ごうと思った時に
このジャンルの動画を作成する事もあるでしょう。

 

大抵の場合、
YouTubeの関連動画に掲載されている
グロ動画は関連動画に掲載される動画も
同様のグロ系が多いです


 

その理由は容易に想像できると思いますが、

まず、キーワードが特殊であるために
使用するキーワードが似通ってきます。

 

するとタイトルが当然似てきますし、
タグもキーワードなので似たようなものになります。

 

タイトルについてはこの動画をぜひご覧ください。



 

このように同じ種類の動画で
固まりやすい傾向のあるグロ系動画ですが、
しっかり対策をしておかないと
思わぬ苦戦を強いられることになります。

それは、グロ系動画を投稿する際の注意です。

 

この「グロ系が固まっている」のは
実は良い事で、
普通の動画に掲載されると良くない場合があります。

 

時々、グロ動画が一般の動画の
関連動画に掲載されている事があります。

 

グロ系でない動画に
関連動画としてグロ系が掲載され、
謝って視聴者さんがそのグロ系動画を観た場合、
それを視聴された方はかなりの確率で
その動画に対して悪い評価をつけます。

 

グロ系が好きではない、特に観たいと思っていない方が
観た場合、Bad評価をつけるケースが非常に多くなります。

 

つまり、
サムネイルでグロ系だと分かるなら良いのですが、
曖昧なものにして出してしまうと
間違えて観てしまう視聴者さんが出て、
評価が悪くなるのです。

 

グロ系で人気動画になっているものも
たくさんありますので、
グロ系の視聴を希望している方に、
その手の内容の動画を提供していくことは、
問題ではないのですが・・・

 

しかし一般の人はあえて観る事はありませんが、
間違えて観られてしまうとBad評価を付けられるので、
グロ系は、一般の方に分かるように表示することが重要です。

 

グロ系を関連動画に載せるためのYouTubeのガイドライン

 

YouTubeとしては誰も楽しんでもらう事を
目的としていますので、
グロ系を観たい方に楽しんでもらうのは良いのですが、
観たくない方に意図的に観せようとすると
視聴者さんからの通報によって
YouTube側が対処し、削除される場合があります

 

削除されずに動画再生回数10万回を達成する方法はこちらをぜひご覧ください。



 

 

ですので、YouTubeにグロ系動画を投稿する際に
グロ系動画においては、
以下の内容を気をつける事をお勧めします。

 

1)グロすぎる写真や画像を載せない

本当にグロいものは使用してはいけません。

インターネットの黎明期には
よく死体の写真や目を覆うような拷問の写真等が掲載された
サイト等がたくさんあり、
中には、過激さを売りにした
非常に人気のあったサイト等もありました。

 

が、それは独自で掲載していたサイトであったり、
その頃の自主規制のレベルが違っていたことが原因でした。

 

しかし・・・
私達が活用するYouTubeは、
国際企業であり、明確なガイドラインがあります。

過激すぎるとYouTubeでは削除されたり
収益化を止められたりする場合することが
必ず発生します。

 

ホラー映画等にもグロい描写は多々ありますが、
YouTubeは映画館とは違って女性や小さい子供など
誰もが観られる可能性があるために、
グロ系動画を観たくない人が
不本意ながら観てしまう可能性はどうしてもあります。

 

ですので、まず過激すぎる画像を
載せない事は大事です。

 

刺激の強いものはモザイクで
ちゃんと加工しましょう

 

2)年齢制限の設定をする

また、どうしてもという場合は
動画を年齢制限する事もできます。

 

年齢制限を設定しておくと、
18歳未満のユーザーがその動画を視聴しようとした時に
視聴できなくなります。

 

アップロード中に「詳細設定」タブの
「年齢制限」にチェックを入れるか、
または動画の管理の「編集」から
行う事ができます。

 

ただし、年齢制限のある動画は
収益化する事ができません。

 

そうなると、私達はYouTubeで稼ぐ事を
目的としているのですから、
ワザワザ収益化を外してまで
投稿する事は、ビジネス的に正しいと言えないでしょう。

 

3)タイトル等で注意喚起する

タイトルに
【超・閲覧注意】
【グロ注意】
等をちゃんと書いておいたほうが良いでしょう。

 

YouTube関連動画にグロ系を載せる場合のまとめ

 

以上を簡単にまとめますと・・・

グロ系動画には、
・身体的
・動物
・汚染
・事故
・弱肉強食

があります。

 

グロ系の動画に関しては、
キーワードが特殊で、かつ
それほどポピュラーでない
ため
タイトルやタグが似通ってくるからです。

 

観たくないのに観てしまった視聴者さんからは
高い確率で、低い評価をつけられてしまうので、
謝って視聴されないように工夫しましょう

 

具体的な対策としては、
1)過激すぎる画像を使わない
2)モザイク等で加工する
3)年齢制限の設定をする

等が挙げられます。

 

やりすぎない」事、
ガイドラインに沿って作る」事を
心がけ、観たい人に確実に届けられるように
意識して作っていきましょう。

 

観たい人からすれば、良い内容の動画でも
希望していない視聴者さんの目に触れると
高い確率で低評価をうけてしまうグロ系動画。

 

この点を意識して、
あなたの労力が正しく評価される視聴者さんに
あなたの力作動画を届けていきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓


 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

残り3名!コンサル企画割引キャンペーン中『JOY アカデミー 2.0』

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る