同じ属性のYouTube動画のまとめた”再生リスト”の作成方法

list-1030596_1280

ブログに興味をお持ち頂きありがとうございます。今回は、

❏ 同じ属性のYouTube動画をまとめた”再生リスト”の作成方法

についてお伝えいたします。
このブログによって
・同属性のYouTube動画をまとめた”再生リスト”の作成方法
・”再生リスト”作成の目的&メリット、作成時の諸注意
を理解することが出来ます。


同属性のYouTube動画のまとめた”再生リスト”の作成方法

(まずは動画を御覧ください)

YouTubeで貴方の動画が数多く再生され、
収益を大きくするには、
動画再生回数とともに、動画再生時間の増加が必要です。
→詳しくは『超重要!YouTubeチャンネル登録者』を御覧ください。

 

その重要な”動画再生時間”を増やす方法として、
再生リストの作成があります。

再生リストとは、貴方のアップロードした動画を
更に属性等が同じ動画をまとめリスト化したものです。

例えば、
・芸能人ごと
・音楽のジャンルごと
・ニュースのカテゴリーごと
等、切り口は貴方が決めて
属性が同じ動画をまとめる事ができます。
動画を御覧ください

 

 

“再生リスト”に使用する動画について

再生リストに追加する動画の選び方としては、
まずあなたの投稿した動画を「再生回数順」に並べてみてください。

次に、再生回数上位の動画がどういった内容の動画であるかを見てみて、
簡単にジャンル分けしてみましょう。

ジャンルとは、「芸能関連」「動物の動画」「健康・美容」などです。

もし上位に同じジャンルの動画が3本以上あれば、
再生リスト化していきましょう。

また、総合トップ10の再生リストを作成してもよいでしょう。

 

 

“再生リスト”作成の目的&メリット、作成時の諸注意

再生リストを作成することは、
なぜ動画再生時間を増やす事になるのでしょうか?

それは、貴方の再生リストを視聴者様が再生を行うと

1)貴方の再生リストに登録した動画が全て自動で流れ続ける
→例えば、再生リストに10本の動画が入っていたら、
その10本が全て最初から最後まで流れ、
視聴者様が再生を途中で止めない限り
リスト登録動画の視聴時間が100%視聴とカウントされる

2)途中で、他者の動画等の紹介が入らない
→再生リストが流れると、
再生リストに登録されている動画が次々に再生されるため
通常流れる動画のように、
1本の動画が終了すると他のオススメ動画等の表示が
発生しないので、視聴者様が他の動画に目移りする確率が下がり
視聴率の向上と市場時間の増加が期待できる

等の視聴状況が作られて、
その結果、貴方の動画にとって重要な

視聴時間の増加
視聴維持率の向上

が実現できます。

この
・視聴時間の増加
・視聴維持率の向上
が向上することは、貴方の動画がヒットする大きな要因になります。
→詳しくは『超重要!YouTubeチャンネル登録者』を御覧ください。
簡単にまとめますと・・・

 

 

同属性のYouTube動画をまとめた”再生リスト”の作成方法 のまとめ

・同属性のYouTube動画のまとめた”再生リスト”の作成方法
動画を御覧ください

・”再生リスト”作成の目的&メリット、作成時の諸注意
→1)貴方の再生リストに登録した動画が全て自動で流れ続ける
2)途中で、他者の動画等の紹介が入らない
等の視聴状況が作られ、
結果、貴方の動画がヒット動画になる指標の
・視聴時間の増加
・視聴維持率の向上
が向上します。

 

再生リストは、貴方が自由に設定できるリストです。
視聴者様の特性を考え、多くの再生リストを作り、
貴方の動画再生の向上を積極的に行える仕組みです。

是非、再生リストを上手く活用して、
ヒット動画への道筋を強化していきましょう!

 

是非、次の
”再生リスト”の編集方法』を観て、
本内容の理解を深めていただくとともに、
新たな知識の習得でビジネスを加速させていきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る