YouTube動画リストサムネイルの下の赤い線(帯)は?

geralt / Pixabay

ブログに興味をもっていただき
ありがとうございます。

 

このブログでは、
□ YouTube動画リストサムネイルの下の赤い線(帯)は?
についてお伝えします。

 

このブログを読んで頂くと
・YouTubeの新機能
についてよく理解できます。



 

YouTubeの動画リスト内のサムネイル下の赤い線(帯)は?

 

最近、生徒さんや読者の方から

 

YouTubeの動画リストで各サムネイルの下に
赤い線が出てきているのですが・・・
なんでしょうか?」

 

というお問い合わせを頂きます。

 

YouTubeの動画リストを開くと
複数の動画のサムネイルの下に
見慣れない“赤い線”が・・・

それも、動画毎に長さが違う。
中には、線が表示されていない画面も・・・

という状況になっているかと思います。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

なんか急に出てきたので
皆さんビックリされたようですね。

 

この赤い線は、
あなたが本動画をどれくらい視聴したかを
表示するものです。

 

あなたが
対象の動画をすべて観た場合は
サムネイルの下の赤い線は、
100%伸びているはずです。

 

一方、あなたが途中で
対象動画の視聴を中止した場合、

 

それが、動画の再生時間の30%であれば
赤い帯の長さは、およそ30%程度まで
伸びているはずです。

 

つまり・・・
この動画リストの各サムネイルの下に
表示されている赤い線(帯)は
あなたの対象動画の再生割合を示しています。

 

YouTube側からの視点として、

・すでにずべて観た動画はこれですよ
・この動画はまだ◯◯%しか観ていませんよ

等の情報を視覚的に表現したものです。

 

これにより、あなたは
対象の動画リストで見逃している部分や
動画を一目でわかるようになるはずです。

 

私の記憶では、ブラウザーによって
表示されるタイミングが違っていたようです。

 

多くの方が使用されているブラウザーとして
一番最初に、Firefox
その次に、Google Chrome
最近になり、Internet Explorer
という流れだったようで、

 

最近問合せが一気に増えてきた事は
多くの方が、Internet Explorerで
YouTubeを視聴されているということでしょうね。

 

また、
最近、YouTube側で
テレビ画面のコピーをしている
チャンネルを
結構大がかかりに削除を行ったようです。

 

動画のスタイルと削除リスクに関しての動画です。是非御覧ください


 

テレビ画像のコピーは
著作権の問題を常に含んでおり

YouTube側でも
重要な対応課題として
システムの改善を進めてきたようです。

 

大量の対応ということから
システムでの対応であることが
容易に想像がつきます

 

YouTubeのシステムが日々向上し
このような動画は
ドンドン駆逐されている状態を見ると
安定した動画作りが
一層大切になってくると考えております。

 

YouTubeで稼ぐ基本を
もう一度学びたい場合は

 

私がご提供している
YouTubeで稼ぐ無料教材
******************
YouTubeで稼ぐ無料教材
「JOY~Jump On YouTube~」
http://50fukugyou.biz/joy

※ID/PWがわからない方は
⇒ http://ennb.xsrv.jp/url/358/can5ni5y
******************
を是非活用して下さい。

 

今回は、

YouTube動画リストサムネイルの下の赤い線(帯)は?

について、

YouTubeの新しい表示機能であり、
赤い線は、あなたが対象の動画を
これまでどれくらい視聴したかを表示する
インジケーターです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓

2banner_lp

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

”無料プレゼント”YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る