YouTube(ユーチューブ)動画の共有方法と活用

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
YouTube(ユーチューブ)動画の共有方法と活用
についてお伝えします。

 

この記事をお読み頂く事で、
・YouTube(ユーチューブ)動画の稼ぐだけでない共有方法と活用
についてをご理解頂けます。

 



 

YouTube(ユーチューブ)動画の共有の新たなステージ

 

YouTubeで稼ぐことは勿論大切ですが、
YouTube動画=稼ぐ だけのイメージではなく
YouTube(ユーチューブ)動画を共有したりすることで
ビジネスにとって重要な役割を担っているのです。

 

YouTubeで10万円稼ぐ試算をした動画です。是非ご覧ください



 

 

もちろんYouTubeで稼ぐといえば
当然YouTubeに動画を投稿し、
広告を表示させて視聴者さんにクリックしてもらって
収入になるというような方法になりますが、

 

YouTube(ユーチューブ)の動画共有は“アタリマエ”の情報発信ビジネス

 

今の時代の情報発信ビジネスでは
ほぼ全ての方が動画を活用しておられますよね。

 

商材のセールスページでは
講師の方の実績を動画形式で
紹介ている場合もありますし、

情報商材を使って
実績を出した方との
インタビュー動画、
講師の方の自己紹介などが
YouTube(ユーチューブ)動画でアップされていて
それをページに共有されている事が多いかと思います。

 

情報商材やコンサルを受ける時には
動画を観て良い印象を受けるかどうかが
最も大きな判断材料になる、という方も
おられるのではないでしょうか?

 

実際、講師の方の声や顔が全く分からないと
不審に思うという方もいるでしょうし、

情報発信者の立場からしても
少しでも自分の商材の良い所を知ってほしいという
思いがありますから、
YouTube(ユーチューブ)動画を共有しているのでしょう。

 

また、情報商材を
YouTube(ユーチューブ)動画形式で
販売している方もおられます。

 

動画の編集方法をまとめました。是非動画を御覧ください



 

商材を購入するとサイトへのURLが掲載されていて、
そこを見るとYouTube(ユーチューブ)動画が
共有されていて、
それを視聴しながら
勉強・実践できるという形式ですね。

 

私のYouTubeビジネスに関する教材も、
テキストだけでは
どの画面でどのように操作したらいいのか
わかりづらいと感じていました。

 

その解決策として
YouTube(ユーチューブ)動画を
サイトに共有する方法を取っていますし、

ブログ記事にも
音声や画面のキャプチャ等として
YouTube(ユーチューブ)動画を
共有し埋め込んでいます。

 

YouTube(ユーチューブ)動画の共有がプレゼンテーションを変えた

 

ビジネスでの
プレゼンテーションも
YouTube(ユーチューブ)動画により
大きく変わってきていますね。

 

この事は、
ネットビジネスだけでなく、
リアルビジネスにおいての
プレゼンテーションに
YouTube(ユーチューブ)動画を共有し
使用するケースが増えています。

 

昔はプレゼンといえば
パワーポイント等で作ったスライドに
文章や画像を表示させて、
それについて解説するという
シンプルなものが主流でしたが、

競争の激しい現在では
そのようなスライドが作れる事は
当たり前のレベルになり、
工夫をこらさなければ
中々お役様の興味を引くことができず、
ビジネスチャンスをものにする事ができません。

 

例えば、
新商品を売り込みたいプレゼンであれば、
文字より画像、画像より動画の方が売れやすいでしょうし、
上司に自分の企画を採用してもらおうとする時には
動画を使用したほうがウケが良いのは
言うまでもありません。

 

現在、就職活動で
履歴書の代わりに動画が広まってきたのは
ここ2~3年ですが、
数年後には、
履歴書?なにそれ?って言われるかもしれませんね。

 

また、同じ10秒でも
画像や文字より動画の10秒の方が
イメージが湧きやすく、
結果として、お客様が商品のイメージを適切に把握して
注文を取り付けたり
自分の提案した企画が通りやすいという事になります。

 

その場合でも、
スライド内に動画を共有して、
プレゼンの際に観てもらうという形になります。

 

しかし実は、それらは全て
YouTubeに投稿した動画が
ほとんどなのです

 

YouTubeに投稿した動画は、
YouTubeのサイトでしか
視聴できないわけではありません。

 

YouTube(ユーチューブ)動画の共有方法

 

YouTubeの動画には、共有という機能があります。

 

あなたの投稿したものかどうかにかかわらず、
動画を共有するためのURLがあり、それを貼り付ける事で
YouTube動画をYouTubeのサイト以外の所でも同じように
視聴する事ができるようになるのです。

 

また、動画というのは
かなりのファイルサイズになりますから
沢山の動画をパソコンや自社のサーバーに
ずっと置いておくわけにもいきませんが、
YouTubeに投稿しておけば自分や自社の
サーバーの容量を圧迫する事がありません。

 

しかしこのように使った場合、YouTube動画は
直接収益になっているわけではありませんよね。

 

情報発信の場合なら
情報商材や情報発信についての事を観てもらうために
動画を貼り付けているのであって、
広告をクリックしてもらうわけではないですし、
視聴回数を増やすような仕組みも付ける必要はありません。

 

YouTubeで10万回再生の難易度を検証しました。動画をご覧ください


 

 

しかし、その動画を観てくれた事によって
「このコンサルを受けてみようかな」とか、
「この人の教材を買ってみよう」などと思った方が
購入してくれるかもしれません。

 

そうすればあなたの収入になるわけですが、
その時得たお金は情報商材などの料金であり
「動画で稼いだ」という事とは少し違います。

 

プレゼンの場合でも、動画はプレゼンの際に
流れているだけですので、再生回数は1回しか増えませんし、
そもそも広告をクリックする事すらできません。

 

しかし、そこで動画を観た事によって
上司が「この人の企画を採用しよう」と思ったり
営業先の方が「この会社の製品を買おう」と思ったりして、
結果的に会社の収入につながるのです。

 

YouTube(ユーチューブ)動画のみならず動画のパワーとは?

 

そもそも、
動画というものがどれほどの効果を持つかは
すでに誰もが何となくは分かっている事なのでは
ないでしょうか。

 

本を読むのが苦手、あるいは嫌いな人でも
動画を観る事はするでしょう。

 

ネットユーザーがインターネットに
費やしている時間の3分の1は
動画を視聴しているという
統計も出ているほどです。

 

例えば、
写真は文字の1,000倍の情報量が
あると言われていますが、
動画ではその写真が
1秒間に約30枚も表示されるのです。

 

1分間の動画が伝える情報量は、
言葉にして180万語、
Webページ3600ページ分にも
匹敵するほか、

動画を利用すると
プロダクトへの理解度が
74%も高まるという研究結果もあります。

 

これがどれほどの威力であるかは
言うまでもありませんし、
YouTube(ユーチューブ)動画を共有しない
手はないでしょう。

 

自分が何か伝えたい事が発生した時。

プレゼンで競わなくては
いけなくなった時。

新しいビジネスを始めたくなった時。

誰かに知らせたい事がある時。

 

そんな時に動画の作り方や
YouTubeへの投稿の仕方
そして、YouTube(ユーチューブ)動画の
共有方法を知っている事が
どれだけのアドバンテージになるか、
あなたならもうお分かりですよね

 

このように、
YouTube動画はそれ自体が稼ぐだけが
ビジネスでの活用法ではありません。

 

たとえ
YouTubeアドセンスで稼ぐ事をしなくても、
動画を作成したりYouTubeに投稿したりするための
スキルがあれば将来に渡って役立ちます。

 

様々な方法で活用していきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル&公式メルマガ

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収55万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収400万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

実績

【講師エンドウの実績】
YouTube:月収55万円以上達成
情報発信:月収400万円以上達成

【コンサル生の実績】
月収50万円以上達成者:2名
※アラフィフ率100%

月収30万円以上達成者:4名
※アラフィフ率100%

月収10万円以上達成者:10名
※アラフィフ率60%


詳細はこちら

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る