YouTube公式ライブ配信で稼ぐスキル向上

Schueler-Design / Pixabay

ブログに興味をもって頂き
ありがとうございます。

 

本ブログでは、
□ YouTube公式ライブ配信で稼ぐスキル向上
についてお伝えします。

 

この記事をお読み頂く事で、
・YouTube公式ライブをどのように活用し役立てるか
についてをご理解頂けます。

 



 

コンサル生が20万回再生動画を複数達成!

先日のブログでもご案内しておりました
内藤さんが
20万回再生動画を複数達成
の秘訣インタビューを
準備しましたので是非お聞き下さい。

 

YouTubeで10万再生の動画の難易度をまとめています。是非ご覧ください


 

 

聞き所満載のインタビューですが、
特にあなたに
役に立つ部分を上げさせて頂ければ

・動画作成&タイトルの付けのコツ 2分20秒
・続けるタイムスケジュール 6分00秒
・ノウハウコレクターを脱した方法 7分40秒

では、ないでしょうか。

 

是非、上記のインタビューをチェックされて
あなたの考え方の新たな気づきや
作業方法の改善等に役立てて下さいね。

 

=== コンサル生インタビュー ===
内藤さん20万回再生動画複数達成
⇒ http://ennb.xsrv.jp/url/358/pfm
※大切な情報なので加工しています。

 

勿論、他のコンサル生も元気です!
着実に収益を積み上げています。

 

スズキさんの動画も絶好調で
40万回再生を突破!止まりません(笑

 

12月は本当に稼げる時期です。
ドンドン稼いでまいりましょう!

 

YouTube公式ライブ配信で稼ぐスキル向上

 

あなたは
YouTube公式ライブ配信

ってご存知ですか?

 

YouTubeは動画を投稿し
視聴できるサービスとして
作られたサイトですが、
生放送を行う事も
できるようになっているのです。

 

それをYouTube Live
(YouTubeライブ)と言います。

 

YouTubeライブは
2011年4月から開始された機能です。

 

動画ではなく生放送として、
リアルタイムで配信や視聴、
コメントができるようになっています。

 

また、録画として、
生放送の内容を
残しておく事も可能です。

 

生放送を視聴したい場合は、
動画と同じように
表示されているサムネイルや
タイトルをクリックすれば
視聴をいつでも始めることができます。

 

視聴者側から稼ぐ側への考えを動画でまとめました。是非ご覧ください。



 

 

同様に、コメントが可能になっています。

あなたが
チャンネル登録をしているチャンネルが
YouTubeライブを行っている場合は
告知のメールが届きます。

 

動画と同様に
サムネイルとタイトルが表示されますが、
生放送である場合「Live」の表示が
出ていますのですぐにわかります。

 

魅力的なタイトルの作成の方法を動画でまとめています。御覧ください



 

昔は、1,000人以上の
チャンネル登録者さんがいる
チャンネルでなければ
このYouTubeライブ配信は
行う事ができませんでしたが、
2013年12月から
チャンネル登録者数にかかわらず
このYouTubeライブ機能を使って
生放送ができるようになりました。

 

YouTubeライブの活用方法

 

ただし、YouTubeライブの生放送を
行うためにはいくつか
クリアしなければならない
条件があります。

 

まず一つ目が、
YouTubeとのパートナー確認
を行う必要があります。

 

つまり、
15分以上の動画を投稿する際と
同じように
電話番号での認証が必要となります。

 

15分以上の動画をアップする設定方法です。是非御覧ください。


 

また、
著作権に違反した動画など
ガイドラインに抵触するような動画を
投稿してペナルティが課せられている場合は、
パートナーとして認められないので、
生放送を行う事は出来ません

 

具体的に言うと、
過去90日間に制限を受けていない事が
YouTubeライブの生放送を
行う事のできる条件となります。

 

2つ目に、
YouTubeライブを有効に設定する事です。

 

あなたのYouTubeチャンネルに
ログインした状態で、
クリエーターツールの
「チャンネル」メニューの
設定画面において
ライブストリーミングの設定ができますので、
「有効にする」を
クリックすれば完了です。

 

これで準備は完了です。

 

あとは、
クリエーターツールの
「ライブストリーミング」から、
すぐに始める事ができます。

 

YouTubeライブの配信に必要な機材は?

 

ただし、
もちろん配信するための
Webカメラなどの機材準備は必要です。

 

とは言っても
スマートフォンの機能を使って
配信も可能ですから、
先ほどお話したように
誰でも生放送ができる様になりましたので
YouTubeでのライブ配信を行う敷居は
非常に低くなりました。

 

YouTubeからの今年8月の公式発表によると、
YouTubeライブ配信の視聴数は
前年から80%も増加し、
配信数も130%増加したそうです。

 

動画から、放送への
メディアシフトの足音を
感じますね。

 

YouTube公式ライブで学べることは?

 

また、YouTubeは
「YouTubeクリエイター」という
公式チャンネルを使って
公式で生放送を行っている事があります。

 

このYouTube公式の
「YouTubeクリエイター」の
生配信が、
今回ご紹介したいと思う、

 

YouTube公式ライブ

です。

 

あなたのような
YouTubeで動画をつくるクリエイターに
インタビューを行ったり、

 

YouTubeチャンネルを
活用するための生放送を
1ヶ月に1~3回位の頻度で
行っています。

 

では、
あなたが
YouTube公式ライブ配信に参加すると
具体的にどういうメリットが
あるのでしょうか?

 

YouTube公式ライブ配信では、
チャンネルを成長させる秘訣などの
様々なトピックに関する生放送を行っているのです

 

例えば、8月の配信では
魅力的なサムネイルの作り方、

10月の配信では
YouTubeライブ配信の方法

を学ぶことができたほか、

9月の配信では
実際にYouTubeで
大きな実績を上げている
クリエイターに、
チャンネル登録者を増やすことや
登録者を増やすことで
YouTubeから受けられる様々なサービスについて
話をしてもらうという内容の
生放送を行っていました。

 

私の超オススメですが・・・

今年8月の

【魅力的なサムネイルの作り方】YouTube公式ライブ配信

はあなたにとっても
本当に勉強になると思いますよ

 

魅力的なサムネイルの作成方法をまとめました。是非ご覧ください。


 

YouTube動画の
再生回数を伸ばし、
稼ぎたい人や
現在稼いでいる人にとって、
サムネイル作成のコツや
チャンネル登録者増加のコツなどを
知ることができるというのは
非常に大きなメリットですよね。

 

YouTube公式ライブの質問が有益

 

しかも、
YouTubeライブは
生放送ですから、動画とは違って
流れている映像の向こうには、
「今まさにその人がいる」状態です。

 

YouTubeライブ配信中は
気になった点があればその時点で、
あなたの言葉で質問でき、
しかもその場で
実績のあるクリエイターに
答えてもらうことができます

 

YouTubeビジネスをしていく上で
あなたの
気になるまさに今のトレンド知識・スキルを
リアルタイムで学ぶことができますし、

生放送には当然同じように
YouTubeで稼ごうとする方も
視聴しに来ているので
コメントや質の高さやライブ感は抜群です。

 

実は、この質問の背景を考えることで
参加者や競合者の考えや
新しいノウハウを
吸収することも出来るのです。

 

私もこの質問から
色々な改善点やノウハウが
生まれてきています。

 

このように、
YouTubeライブ公式配信は
YouTubeビジネスに
関わっている
あなたであれば
非常に有用なコンテンツです。

 

是非、一度
あなたも
YouTube公式ライブ配信に
参加してみてはいかがでしょうか?

 

私も参加しているかもです(^o^)ノ

 

参加の方法は簡単です。

 

YouTubeの検索窓で

YouTube クリエイター

と検索してみて下さい。

 

一発で出てきますので。

 

今回のメルマガでは、

YouTubeライブの簡単な説明と
公式ライブ配信があなたのYouTubeビジネスに
どのように役立つかについてお話してきました

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る