YouTube広告が表示されない・非表示の理由!ルール変更再生回数10,000回

 

あなたはこの記事を確認する事で

1)YouTubeの規約変更で、何が変わったのか
2)なぜ変更されたのか
3)動画投稿者はどのようにすれば良いか

がご理解頂けます。



 

YouTube広告が掲載されない!
なぜ?収益ルール変更10,000再生

 

多くの方から、「YouTubeの広告が表示されないようだ」という
質問が来ていました。

 

私も調べていたのですが、ついに分かりました。

 

YouTubeから
YouTubeパートナープログラムのルール変更の発表が明らかになりました。

 

「4月6日より、
総視聴回数が1万未満のチャンネルの動画には、広告が表示されなくなる」

と言うものです。

 

広告が表示されないという事はつまり、
YouTubeから収益を上げることができなくなるという事です。

 

発表があったのはアメリカで4月6日ですので、
おそらく日本でも本日4月7日から同じような状態になると予想されます

 

かなりの数の方に影響が出るでしょうし、
特に、

・YouTubeを始めたばかりの方
・YouTubeの再生回数が余り増えていない方

へのインパクトは大きいに違いありません。

 

しかし、この発表を見ただけで

「もう稼げない」と撤退してしまうのはもったいなさすぎる

といえます。

 

では、YouTubeは終わったのでしょうか?

いえいえ、全くそうではありません。

 

この発表に至った要因、
そしてこのルール変更に対しての対策を
冷静に分析してみましょう。

 

再生回数10,000回のルール

資料にあるように、この要件変更の理由は
他人の優れたコンテンツを再アップロードして広告料を儲けようとするチャンネルが
多く存在しているからでした。

 

これは、俗に言う“コピーチャンネル”の事ですね。
誰かが作成し、投稿した動画をプログラムによって自動で転載し利益を得ているチャンネルの事を言います。

 

つまり、YouTube側はコピーチャンネルが大量に存在している現状を見て
それを排除するためにこの変更を行っているのであって、
著作権やYouTubeのガイドラインに則った動画まで
規制するつもりはないという事がわかります。

 

むしろ「規則に従って活動しているクリエーターの収入を守るため」と言っていますから、
そういったオリジナリティのある動画をもっと推奨していこうと考えているわけです。

 

よって、私達は

・YouTubeのルールを守る
・広告主と視聴者さんに有益な動画を提供する

つまり、
YouTubeで稼ぎたいと思っている私達がどうすれば良いかというと、
チャンネルの運営をしっかり行えば良いのです。

 

まず何よりも、
しっかりとオリジナル性のあるコンテンツを作らなければ
評価の対象にはならないという事ですね。

 

テレビ番組をコピーしたり、他人の動画を丸々転載したりといった動画は
元々YouTubeの規約に反していますので問題外ですが、
現在私が教えているような付加価値を付けた動画を作成し、
より良いオリジナリティのある動画を作る事によって
しっかり視聴者さんの満足や理解を得なくてはなりません。

 

また、総視聴回数が10,000回という事は、
1本の動画が10,000再生されても良いのですが、
当然ながらそう簡単には行きませんから、
動画の本数を増やす事で、1本あたりの負担を減らしましょう。

 

50本の動画を投稿して、その平均が200再生くらいが現実的な数字ですね。

 

再生回数を増やす難易度についても動画で解説しています。ぜひご覧ください


 

 

50本の動画を投稿するには、1日2動画で25日、
およそ1ヶ月かかります。

 

1日1本なら50日かかってしまうわけですから、
これまでよりも更に
コツコツ継続して投稿し動画を積み上げなくてはならなくなったと言えるでしょう。

 

 

動画投稿者はどうすれば良いのか?

 

今回の要件変更によって、残念ながら初心者の方が
微小ながら受け取っていたYouTubeスタート時の
アドセンス収益受け取ることが
できなくなってしまいました。

 

しかしながら、
これは要するに
本気の人だけが生き残り、本当の収益を受け取ることが出来る
という事でもあります。

 

また、最近のYouTubeの取り組みとして
“偽装チャンネルを手軽に報告できる手段を導入し、
現在まで、利用規約に反する数十万のチャンネルを閉鎖した”
というものが発表時の資料に記載されています。

 

これは昨年11月に始まり、今年の2月まで行われていた
「削除祭り」の事であり、

YouTube側が判断する違反チャンネルの削除(=閉鎖)が
ある程度一段落した
という事だと捉えて良いでしょう。

 

追加でお伝えすると・・・

私のコンサル生のほとんどはチャンネル削除にあっても復活しています。

 

この実績から、
私の指導するノウハウで作成した動画は

・動画として、オリジナル性が存在
運営の方法や動画の質も問題ない

と、YouTubeからのお墨付きという事ですね。

 

このルール変更を
あなたが良い方向に変わるキッカケとして、
私の有料級プログラム
JOY ~ Jump On YouTube ~
に是非トライ頂ければと思います。

 

 

ちなみに、
今回の要件変更は
すでに10,000回以上再生されている
チャンネル運営者の方には全く影響が
ありません

 

とは言え、
YouTube側の動画に対するチェックが
厳しくなることが予想されますので、

せっかく収益化できているチャンネルを
停止や削除されてしまわないためにも
不適切な動画がないかどうか今一度チェックされるのが
良いかと思います。

 

再度、YouTubeのヘルプや
コピーライトスクールのページにて、
規約を確認するのも良いでしょう。


コピーライトスクールについてはこちらの動画もぜひご覧ください。


 

 

まとめ

 

YouTubeから、総再生回数10,000回未満のチャンネルは
収益が上がらないようルールを改正したという発表がありました。

 

このことをネガティブに捉えるのではなく、
むしろポジティブに捉え、
もう一度

・YouTubeのルールを守り、
広告主や視聴者さんに有益な動画を作成、投稿する

事を肝に銘じましょう。

 

具体的な実践内容としては

・広告主や視聴者さんに有益な動画を作る
・YouTubeのルールを理解し、それを遵守する
・日々コンスタントに投稿する

事です。

 

本気で真面目に稼ごうとする方だけが
生き残れるフェースに突入したきたと感じます。
現在のご自身のYouTubeチャンネル運営はどうなのか?
どのような方向に進めば良いのか?
をしっかりと見直し改善していきましょう。

 

少しでもお役に立てれば、幸です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

↓↓↓ 以下のYouTubeで稼ぐ無料教材とサポートメルマガを是非ご活用下さい ↓↓↓

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収55万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収400万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

実績

【講師エンドウの実績】
YouTube:月収55万円以上達成
情報発信:月収400万円以上達成

【コンサル生の実績】
月収50万円以上達成者:2名
※アラフィフ率100%

月収30万円以上達成者:4名
※アラフィフ率100%

月収10万円以上達成者:10名
※アラフィフ率60%


詳細はこちら

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

特商法等

▲トップへ戻る