ビジネスの推進力!モチベーション

i-741507_1280

ブログに興味を持って頂きありがとうございます。
今回は、

❏ ビジネスの推進力!モチベーション

についてお伝えいたします。
このブログで、貴方は
・正しいモチベーションの概念
・なぜモチベーションが上下するのか
を理解して頂けます。

 


ビジネスの推進力モチベーションとは?

まず、モチベーションとは、どのようなものなのでしょうか?

モチベーション(動機付け):
人が何か行動をする際の原動力となる目的意識意識づけ

と定義することができます。

そして、
モチベーションが上下する理由ですが、
まず、モチベーションが”上がる”と言われる状況と理由に関して
説明させて頂きます。

同様に大事な考え方についての動画です。ぜひご覧ください。

モチベーションが”上がる”とは?

モチベーションが
”人が何か行動をする際の原動力となる目的意識や意識づけ”と
定義づけられている事からも推測できるように
ある心の状態において、
何かしらのモチベーションが心に作用し、”行動の原動力”となります。

したがって、モチベーションが”上がる”という状態は、
心に何かしらのエネルギーが作用された状態になります。

ここでのエネルギーとは、例として、分かりやすく言えば、
・テレビで観たシーン
・本で読んだフレーズ
・セミナーによって得た知識
等の様々キッカケから、得られるエネルギーです。

このキッカケ(=エネルギー)を受けることにより
行動の原動力となり、それが”モチベーションが上がった”という状態になります。

つまり、
モチベーションが上がると言う状態は、
これまでの心の状態に
”あるプラスのエネルギーが付加された”状態となります。

従いまして、一般的にモチベーションは
『やろうと思った瞬間が一番高い』と言われる理由が
これまでの説明で理解頂けると思います。

では、続いて”モチベーションが下がる”事について
説明いたします。

 

モチベーションは上がったままではいられない?

ある心の状態をプラスのエネルギーにより、
心の状態が”ある行動をしよう”と上がった状態から
段々と落ちてくる状態ですね。

これは、”モチベーションが上がる”事が
エネルギーの付加(=プラスのエネルギー)であることの
逆の現象であることとなります。

つまり、エネルギーが減少してしまう状態を言います。

更に言えば、
普通に特にモチベーションをコントロールしようと思わなければ
モチベーションを上げたプラスのエネルギーは
維持される事がなくドンドン消費され

モチベーションは、時間とともに下がってくる

のです。
これは、人間が保有する“慣れる”や“忘れる”等の能力も一因となっています。

モチベーション低下の一因であるアカウント停止についての動画です。
ぜひご覧ください。



 

ビジネスの推進力!モチベーションのまとめ

まとめますと、

❏ ビジネスの推進力!モチベーション

において、

・正しいモチベーションの概念
→人が何か行動をする際の原動力となる目的意識や意識づけ

・なぜモチベーションが上下するのか
→モチベーションが上がる:
これまでの心の状態に”あるプラスのエネルギーが付加された”状態
→モチベーションが下がる:
モチベーションを上げたエネルギーが維持される事がなくドンドン消費た状態

となります。

従いまして、『モチベーションが上がった/下がった』と良く聞く言葉ですが、
エネルギーの追加や消費が繰り返されるのでありますから、
当然、モチベーションの上下は発生することになります。

この事により、
”モチベーションを上がり下がりを少なく保つ”ためには
モチベーションをコントロールする事が必要になってきます。

モチベーションのコントロールのお話は、次回させて頂きます。

 

是非、次の
モチベーションを手なずける(コントロール)』を観て、
本内容の理解を深めていただくとともに、
新たな知識の習得でビジネスを加速させていきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メルマガ&YouTubeで30万円稼ぐパーフェクトマニュアル

運営者:エンドウ


こんにちは、運営者のYouTube&Successアドバイザーのエンドウです。
50代アラフィフ中年ですが、YouTubeで月収60万円を稼いでいます。
また、情報発信では、月収100万円も達成しました。
実践中の経験がお役に立てると考え、わかりやすい情報を発信を心がけております。
長くお付き合いのほど宜しくお願い致します。
詳しいプロフィール

スポンサードリンク

ブログランキング参加しています

▲トップへ戻る